So-net無料ブログ作成

スーザン・シュヴァルツさん1000巻目を祝う! [ペリー・ローダン]

ローダン・シリーズはヘフトのe-Book化によりドイツと時差なく読めるようになりましたが、関連情報もネットから即座に入って来ます。海外の情報は遅れてやってくるものという環境で育った昔からのファンにとっては未だに慣れないところです。それはさておき、情報はまず第一にパベル・メーヴィヒ社(Pabel-Moewie)の"Perry-Rhodan.Net"が基本で、分らないことがあれば"PerryPedia"を参考にしています。
ペリー・ローダン・ネットにあるkommunikation/Newsletterに登録すると不定期でニュースレター"Perry Rhodan INFOTRANSMITTER"が届きます。最新号は昨日届いた6月22日号です。記事はいつものように作家のクリスティアン・モンティロンさんの挨拶から始まっています。続いてローダン・ネットが6月30日に大刷新があって、このINFOTRANMITTERも移転する、とあります。6月30日以降、購読するのは再手続が必要になるそうです。更に" Arndt Ellmer und Susan Schwartz feiern ihre persönlichen Jubiläen!"(アルント・エルマーさんとスーザン・シュヴァルツさんは彼らの個人的な記念日を祝う!)。その後に、ヘフトに新ゲスト作家Richard Dübell、ローダン・ネオにAlexander Huiskes、ネオ第4段階の執筆中、とあります。
スーザン・シュヴァルツさんはマリアンネ・シドウさんに続く2人目のヘフト女性作家です。マリアンネ・シドウさんが1588巻で退場した後、1993年8月22日1652巻でヘフトデビューしました。それから19年後の2012年6月15日ちょうどデビューの1000巻にあたる2652巻にゲスト作家として呼ばれたのです。(アルント・エルマーさんは1983年1155巻でデビュー、2012年6月6日の2655巻にゲスト作家、つまり1500巻記念になります)
彼女は1961年8月3日ミュンヘン生まれ、父親は政治家、本名は発音が難しくてウシー・ツィーシュ(Uschi Zietsch)と云います。1984年にはハイネ社からファンタジーを出版していましたが、1989年にクルト・ラスヴィッツ賞を受賞してその力量が認められました。1992年に初めての惑星小説を書いた後、1993年から2003年までヘフト作家チームで活躍しました。2007年からはゲスト作家となり、ゲストとして6作目がこの2652巻です。
1339514490_1_mini.jpg
スーザン・シュヴァルツさんはこのような赤毛(染めていると思います)で顔が大きくて、豪快に喋るおばちゃんですが、その外見と反対にファンタジー系の作風です。
s-Scan10061.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。